品質?用途?ブランド品の秘密

なぜ皆ブランドが好きなのか

ブランド品は、日本のみならず海外でも多くの方が好んでいます。高級ブランドであれば、一つのバッグで数百万円というものもあり何故こんなにも人気を博しているのか疑問に思います。
その謎を解く鍵は、人間の心理にあります。人間の心理として、他人よりも上に立ちたいというものがあります。支配される側よりも支配する側に立った方が精神的にも優位になれるからです。高級なブランド品を持ち歩いて周囲に誇示することは、それだけの経済力を有した位の高い人間なのだとアピールできます。高級ブランド品を使いこなしている自分自身に陶酔し、そこ心地良さが癖になるのでブランド品の人気は絶えないのです。今後も、ブランド品の魅力が下がることは無いと言っても過言ではありません。

見た目だけでなく品質も良い

ブランド品の良いところは、周囲に誇示できるだけでなく実際使っていても性能が良く使いやすい部分もあります。例えば安い量産型のバッグは、雨に濡れただけでボロボロになってしまったり、取っ手が外れてしまうなど故障しがちです。
しかしブランドのバッグは雨に濡れても平気ですし、簡単に壊れるようなもろさはありません。購入時の値段は高くても、結果的に長く使えるので割高感はそれほど感じません。
そもそも、値段の高い高級ブランドにも関わらず構造や見た目が安っぽいと悪評が広まって次第に売れなくなります。その点、今も昔も人気を博しているブランドはしっかりとした商品を作っているからこそ消費者の支持を得ているのです。ブランドはネームバリューだけで売っているのではなく、血のにじむ企業努力の末に成り立っています。

© Copyright Brand Connections. All Rights Reserved.